アコム 利息問題は思ったより根が深い

金利はできるだけ低金利のところを選んで!

消費者金融大手のアコムは知名度も高く利用している人も多いですよね。そのカードローンを利用するかどうかの判断材料としてはじめにあげられるのが金利だと思います。他にも選ぶ条件は様々ありますが、金利はできるだけ楽天銀行のような低金利のところを選んで利息負担を減らしていきたいですよね。アコムの金利は他の競合他社と比較してどうなのでしょうか。

 

アコムの金利は現在、4.7%?18.0%となっています。銀行カードローンにはさすがにかないませんが、消費者金融の中では低金利の部類に入るでしょう。しかし上限金利・下限金利でみてみるとまた違ってきます。

 

下限金利でみてみましょう。4.7%と、4%台をマークしています。三井住友銀行カードローンが4.0%?、新生銀行カードローンレイクが4.5%?というように、下限金利をみると確かに銀行カードローン並みの低さです。ただし、この下限金利4.7%が適用されるのは限度額である500万円を借りたときなどで、下限金利が適用されるケースというのはあまり多くありません。

 

初めてキャッシングをするという場合はそのほとんどが上限金利18.0%を適用されるでしょう。消費者金融ではプロミスが上限金利を17.8%と定めていますが、それ以外は各社一律といっていいほど上限金利18.0%です。つまり、アコムの金利は一般消費社金融並み、といえるのではないでしょうか。18.0%の状態から低金利のメリットを受けるには利用実績としっかりとした返済実績を長い期間積み重ねていく必要があります。

 

利息の具体的な数字

いろいろなところで、アコムと言う名前を耳にすることが多かったですが、非常に大きい会社でかなりサービス的に素晴らしいものを提供しているので、そのような感じになっているのではないかと考えておりました。しかしながら内容的に素晴らしいものの、利息に関してはそれなりに高く、仮にお金を借り入れしたら負担を感じるのではないかとも思っておりました。

 

ところがある時たまたま、アコムのインフォメーションが詳しく書かれたものを目にする機会がありましたので、一体どのような感じかじっくりと眺めてみたところ、そこには利息の具体的な数字が書かれており、なんとイメージしていたよりもそれほど高いものではないと分かりましたので、私はとてもビックリしてしまいました。

 

何度見直してもやはりそれほど高くない数字が書かれておりましたので、内容的に満足できるサービスを提供しているにもかかわらず、それほど高くないという事は、まさに利用する側にとっては理想的であると強く感じました。その後私はお金を借りないのはもったいないと考えるようになり、すぐにアコムを利用してみることにしました。

 

やはり思った通り、非常に快適に日常生活の中で使うことが出来ましたし、また返済についてもとても楽に行うことができましたので、私はとても感激してしまいました。利息が低いと言うことを知ることができて、本当に幸運だったと感じましたが、高いと思っている他の人たちに、決してそうではないと言うことを教えてあげたいと考えています。

便利な使い方に魅力を感じています。

アコムなどのキャッシングは現在多くの人に利用されています。そして、消費者金融を利用する人は便利な使い方に魅力を感じています。また、自分がお金に困った時にもお金を貸してくれるので安心して利用する事が出来ます。さらに、急にお金が必要になった時でもすぐに融資を行ってくれるの非常に心強い味方になってくれます。

 

では、そのように魅力的な消費者金融のサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。また、サービスのどんな部分に人々は惹かれるのでしょうか。魅力的な消費者金融のサービスはいくつかあります。その中でも一番人気が高いのは即日融資のサービスです。また、即日融資のサービスはおまとめローン借入を希望するほとんどの人から高い支持を集めています。

 

何故、これほどまでの人気があるのでしょうか。それは、即日に融資を受けられるというスピードに理由があります。即日融資を実現するためにはその他のサービスも即日に行う必要があります。そのため、申込みの手続きや審査時間もスピード感をもって行われる事になります。そして、急にお金が必要な人でも満足出来るスピード融資が実現される事になります。

 

また、申込みや借入が簡単な事も魅力になっています。そして、審査結果もインターネットなどを使って自宅に居ながら確認出来るので他人を気にする必要がありません。そのため、気軽でしかも簡単に始められる事が出来ます。さらに、自分の好きなコンビニやATMでお金を引き出す事が出来るので利用の幅が拡がっていることも大きな魅力になります。

住宅ローンの返済額が変わった。

お金が手元にあると絶対に使ってしまうという人は多く聞かれます。給料から自分で貯蓄していくことができないので、給料天引きにしているという人もいれば、定期の積み立てで崩すことができないようにしている人もいます。実際は資産としては持っているのに、手元には月々の生活費しかないようにしている人は、急にまとまったお金が必要な場合にそれなりに対処しなければなりません。

 

給料の額を知っていて、親や親せきなどの身内から借金を申し込まれたときに、貯蓄のすべてが定期や積み立て機能のある保険に入れてしまっていてすぐに出すことができない状態であった場合に、今手元に現金がないということは非常に言いにくいし、借金を申し込んだ人の心情を考えるとなんとかして貸してあげたいと思うのが人間の心理です。

 

借り換え具体例、マンションを購入するのに、頭金を最初に100万入れるのと入れないのでは、住宅ローンの返済額が変わってくるという話などを聞けば、自分が貸すことができる100万円がなかったがために、高い金利のものを選ばざるを得なくなってしまったというようなことだけは、特に相手が親や兄弟であるほど、できる限り避けてあげたいものです。

 

住宅ローンで精一杯で、お金が必要な本人はもうこれ以上お金を借りることができないというのなら、自分自身が消費者金融などでお金を借り上げるという方法もあります。貸すのだから当然お金は返済してくれるだろうし、利息分は手元に現金の余裕がなかった自分への叱咤激励だと思って、黙って返済するときれいに片付きます。

個人情報を利用して審査を行います。

最近では多くの金融業者がカードローンの商品を提供しています。業者が提供している商品はインターネットを検索すると、多くの情報を得る事ができます。それぞれの金融業者のホームページ上では、必ず金利の掲載があります。この金利はどの業者でも年利で掲載されているので、見比べるにはとても便利です。借り換え メリットは、年利ですので金利の計算もとても簡単に出来る様になってます。

 

金融業者への申し込みの前には必ず、金利を確認して年利の確認が必要です。そして返済計画を立てて申し込みをする事が、大切になって来ます。申し込みをする際には申し込み資格を確認して、申し込みを行います。申し込みはどの金融業者でも、電話やWEB上からの申し込みが出来る様になっています。申し込みをする時には、個人情報を提供することになります。

 

金融業者では提供してもらった、個人情報を利用して審査を行います。それぞれの金融業者で審査方法は違います。銀行などでは保証会社に審査をお願いして、審査に通る方に保証を受けて融資を行っています。信販会社や消費者金融では、自社の基準で審査を行っています。そして審査結果は申込者に伝えられて、審査に通った方がキャッシングを行う事ができます。

 

キャッシングを利用した方は、翌月から返済を行う事になります。それぞれの金融業者では返済方法は違いますが、金利からの計算で毎月の業者への返済を続けて行くことになります。返済計画を立てて申し込みをすると、返済はスムーズに行うこともできます。商品の検討をする時には金利を考慮して、申し込みを行う事がオススメです。